作品概要

ジプシーのキャンプ、日暮れ》は、画家のトマス・ゲインズバラによって制作された作品。制作年は1778?年から1780?年で、テート・ブリテンに所蔵されている。

詳細な画像を見る

ジプシーが主題

この後期の風景画において、ゲインズバラは1750年代半ばに最初に選んだ主題、キャンプ・ファイアーの周りに集まったジプシーや農民といったモチーフに立ち帰っている。ジプシーという主題は17世紀のヨーロッパ芸術において先例があったが、ゲインズバラはこの主題を深く探究した最初のイギリス画家であり、《ジプシーのいる風景》など、少なくとも3つの絵画の中心的な焦点となった。

大きく変化した構成

ゲインズバラのキャリアの後半で描かれたこの作品は、以前に行った主題の探究から得られたものである。1750年代に魅力を感じていた主題に戻るまでに、このような長い隔たりがあったのは驚くべきことである。

しかし、この作品は、その構成が以前のものとはかなり異なっている。暗い木の下でキャンプ・ファイアーの周りに集まったジプシーのグループはあまり目立たない。場面の全体的な焦点は人物の活動ではなく、豊かな色調と光にある。

描写と効果

ジプシーのグループは、以前と比べてはるかに多くの人間で構成されている。以前と同様に休憩した状態で示され、パイプを吸い、家庭料理の鍋の周りに集まっている。

劇的な照明効果に魅了されたこの画家は、周りのジプソーに豊かな赤い輝きを放っている火を巧みに描写している。横にいる荷を負ったロバは、未完成の初期の絵から借りたモチーフである。

ジグザグの道は、大きな森林地帯を小さな木々から分離し、銀色の夕暮れの光に照らされた遠くの教会塔に、鑑賞者の目を導いている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家トマス・ゲインズバラ
  • 作品名ジプシーのキャンプ、日暮れ
  • 英語名Gypsy Encampment, Sunset
  • 分類絵画
  • 制作年1778?年 - 1780?年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵テート・ブリテン (イギリス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ120.6cm
  • 横幅150.5cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ジプシーのキャンプ、日暮れの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。