作品概要

トリストラムとフォックス》は、画家のトマス・ゲインズバラによって制作された作品。制作年は1775?年から1785?年で、テート・ブリテンに所蔵されている。

詳細な画像を見る

《トリストラムとフォックス》は、イギリスの画家トマス・ゲインズバラによって制作された油彩画である。テート・ブリテンに所蔵されている。

画家のペットの肖像

ゲインズバラは犬を愛した画家であった。数多くの肖像画や風景画に犬を描いており、また、犬が中心的な主題となっているいくつかの作品を描いた。ほとんどの犬の肖像画は飼い主のために描かれたが、この作品は明らかに個人的なものである。トリストラムとフォックスは、画家自身のペットであった。

名前の由来

犬の名前は、ゲインズバラのユーモア感覚と、当時の文学や知的文化に対する彼のセンスを示している。 トリストラムは、ローレンス・スターンの小説「紳士トリストラム・シャンディの生涯と意見」の主人公にちなんで名付けられたと考えられている。中央の犬はおそらく、そのキツネのような見た目のために単にフォックスと呼ばれていたが、ホイッグ党の議員であったチャールズ・ジェームズ・フォックスのユーモラスな引喩かもしれない。

動物への愛

ゲインズバラの2匹の犬の愛らしい描写は、動物への優しさと、それらの様々な性質の理解を支持する「感性の崇拝」と調和している。描写と視点はどちらも、鑑賞者が犬を知的な存在として見ることを促している。それはフォックスの目と少し開いた口にある反射光によって認識される。彼らは、働かせたり、慰みのための動物ではなく、家族の仲間として明確に示されている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家トマス・ゲインズバラ
  • 作品名トリストラムとフォックス
  • 制作年1775?年-1785?年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵テート・ブリテン (イギリス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ61cm
  • 横幅50.8cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • トリストラムとフォックスの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。