作品概要

農民が休む森の風景》は、画家のトマス・ゲインズバラによって制作された作品。制作年は1747?年で、テート・ブリテンに所蔵されている。

詳細な画像を見る

サフォーク生まれの風景画家

ゲインズバラは、サフォーク州のサドバリーで生まれた。肖像画は後に彼の名声を高め、主な収入泉となったが、彼はまた、イギリスの風景を描いた本格的な風景画を作り出す才能を持つ、最も初期の画家の一人でもあった。ゲインズバラの初期作品の多くは、平原、解放耕地、森林、轍のある道などを特徴としたサフォーク州の郊外の風景に基づいていた。

サフォークの風景は、半世紀後の画家ジョン・コンスタブル(1776-1837)のインスピレーションの源でもあった。彼はこう述べたことで有名である。

「そこは風景画家にとって最も魅力的な場所であった。私はあらゆる生け垣や木にゲインズバラを見る」

サフォークの風景

この作品はゲインズバラの風景画の1つであり、約20歳のとき、ロンドンでの修行期間中に描かれている。ゲインズバラは1748年に故郷から出ているが(翌年に帰郷した)、この絵は明らかにサフォークの風景である。背景の木々の間にちらりと見える、明るく照らされた教会塔は、実際の村にあるものかもしれないが、特定されていない。

オランダ絵画の影響

しかし、この風景は厳密に実際のものではなく、むしろサフォークの景色の詩的な解釈であることを意図している。17世紀のオランダの画家、特にヤーコプ・ファン・ロイスダールとヤン・ワイナンツの明らかな影響の下、ゲインズバラの典型的な初期風景画となっている。オランダの影響は、秩序ある構成と自然の詳細な観察、特に様々な色の緑を描き出している葉の、自然主義的な処理において明らかである。

実際には、ここに見られる自然主義は、バランスのとれた樹木の間の道が、鑑賞者の目を明るい領域へと導くという高度な工夫をこらしたものとなっている。これはロイスダールからの明らかな影響を示している。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家トマス・ゲインズバラ
  • 作品名農民が休む森の風景
  • 英語名Wooded Landscape with a Peasant Resting
  • 分類絵画
  • 制作年不明 - 1747?年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵テート・ブリテン (イギリス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ62.5cm
  • 横幅78.1cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 農民が休む森の風景の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。