作品概要

最高の男》は、画家のシャイム・スーティンによって制作された作品。制作年は1924年から1925年で、オランジェリー美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

タイトル

この肖像画は、そのタイトルに《最高の男》とつけられているが、この被写体の男性が身に着けているスーツ、つまり黒のズボンとジャケット、白いシャツと蝶ネクタイの影響が少なくないだろう。というのも彼は、いつものスーティンの被写体たちと同じように、もしかしたら単なるホテルの従業員か給仕人かもしれないからだ。

描かれなかった椅子

シャイム・スーティンは、この若い男性が座っている椅子については描く必要がないと考えたのだろう。そのことは、この肖像に不思議な個性を与えている。特にこの若者があいまいな背景をバックに描かれているため、彼の影がまるで彼自身を支えているかのように見えるところが、非常に個性的な印象である。

影響を受けた作品

足を広げて、手を膝に置いているポーズが、フランス人画家アングルが描いた《ベルタン氏の肖像》を彷彿とさせる。

しかしこのか弱そうな若者は、伏し目がちで宙に浮いているかのようで、どことなく悲しげな見た目は、社会的に確固たる立場で堂々と椅子に座っている、アングルが描いた成功したブルジョワの男性とは対称的である。

ゆがみの効果

スーティンは見え方のゆがみを強調している。足も手も極端に長く、上半身は短い。その姿は見えない椅子にくずれるように座り込んでいるように見える。

*ドミニク・アングル(1780-1867)は、フランス新古典主義の巨匠。《ベルタン氏の肖像》は、当時大きな影響力をもっていた雑誌『ジェルナル・デ・テンバ』のオーナーを描いた作品である。黒いスーツ姿の大きな体の男性が、椅子に腰かけた姿で、自信をみなぎらせて堂々とポーズを取っている姿が大きく描かれた作品である。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家シャイム・スーティン
  • 作品名最高の男
  • 制作年1924年-1925年
  • 製作国フランス
  • 所蔵オランジェリー美術館 (フランス)
  • 種類100
  • 高さ81cm
  • 横幅不明
  • 投稿日
  • 編集者
  • 最高の男の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。