作品概要

シャーリー・テンプル、当代の映画の最も若く神聖な怪物》は、画家のサルバドール・ダリによって描かれた作品。制作年は1939年から1939年で、ボイマンス・ヴァン・ベーニンゲン美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

「シャーリー・テンプル、当代の映画の最も若く神聖な怪物」はシュルレアリスム画家、サルバドール・ダリによって描かれた作品であり、「バルセロナ・スフィンクス」としても知られる。ネーデルラント、ロッテルダムにある、ボイマンス・ヴァン・ベーニンゲン美術館に所蔵されている。

少女スター、シャーリー・テンプルをスフィンクスとして描いた絵画であり、新聞記事より切り取られたシャーリー・テンプルの頭の写真が、胸と白い爪のある雌ライオンの胴体に重ね合わせられている。頭の上には吸血コウモリが乗っており、またスフィンクス周辺には人間の頭蓋骨と骨があるが、それらは彼女の最新の獲物を暗示している。絵画下部にはだまし絵のラベルがあり、「シャーリー!ついにテクニカラーに」と読める。この絵画はハリウッドによる、子役の性的魅力化を風刺したものであると表現されている。

1939年、3月21日から4月18日までの間「シャーリー・テンプル、当代の映画の最も若く神聖な怪物」は、ニューヨーク、ジュリアン・レビー・ギャラリーにて最初に展示された。(展示目録には記載がないが、ニューヨークタイムズに記事が掲載された。)1983年にはスペイン、バルセロナのペドラルベス宮殿、1985年にはベルギー、シャルルロワの芸術の宮殿、2004年には再びスペイン・バルセロナ、2度目はカイクサ・フォーラムにて展示された。

また2007年6月1日から9月9日まで、「ダリと映画」展覧会の一部として、ロンドンにあるテート・モダンにて展示された、およそ100ある展示作品のうちのひとつであった。

基本情報・編集情報

  • 画家サルバドール・ダリ
  • 作品名シャーリー・テンプル、当代の映画の最も若く神聖な怪物
  • 制作年1939年-1939年
  • 製作国不明
  • 所蔵ボイマンス・ヴァン・ベーニンゲン美術館
  • 種類グワッシュ、パステル、コラージュ
  • 高さ75cm
  • 横幅100cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • シャーリー・テンプル、当代の映画の最も若く神聖な怪物の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。