作品概要

ルームサービス給仕人》は、画家のシャイム・スーティンによって制作された作品。制作年は1927年から1927年で、オランジェリー美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

シャイム・スーティン(1893年1月13日-1943年8月9日)は、ロシア系ユダヤ人で、その多くをフランスで過ごした。彼はパリ在住の間、表現派の活動に大きく貢献した人物である。

シャテルギュイヨンのスパ

1926年から1928年の間、スーティンはシャテルギュイヨンのスパに、湯治のために数回訪れている。そこがマデレーン・カステンとマルセリン・カステンに会った場所でもある。

その後の作品への影響

マデレーン・カステンとマルセリン・カステンは絵画商のレオポルド・ズボロスキー(1889-1932)から最初にスーティンの作品を購入したコレクターであり、後にスーティンのパトロンになった人たちである。そのスパに数回訪れた際、スーティンがホテルでこの給仕人を観察する機会があり、それが給仕人の肖像画をシリーズで描くきっかけになったと考えられている。

分岐点となった年

1927年の年は、馬丁(馬の手入れをする人)や猟師のイメージもあり、スーティンの赤い色に対するこだわりがピークに達した時期でもあった。

スーティン作品の肖像の特徴

この給仕人は、腰に手を当て、肘を張った姿で描かれており、どこか攻撃的なポーズである。スーティンの作品によくみられるのだが、その被写体の顔は、広いおでこと狭くてとがった顎を持ち、下品で魅力のない顔立ちをしている。耳は赤くて不格好に描かれている。赤みがかった肌は、彼の着ているベストの赤を反射しているようである。胸は、体にぴったりと合った制服で窮屈そうで、肩は左右非対称で、手は不格好な形で描かれている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家シャイム・スーティン
  • 作品名ルームサービス給仕人
  • 分類絵画
  • 制作年1927年-1927年
  • 製作国フランス
  • 所蔵オランジェリー美術館 (フランス)
  • 種類油絵
  • 高さ87cm
  • 横幅66cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ルームサービス給仕人の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。