作品概要

日没》は、画家のトマス・ゲインズバラによって制作された作品。制作年は1760?年で、テート・ギャラリーに所蔵されている。

詳細な画像を見る

《日没》は、イギリスの画家トマス・ゲインズバラによって1760年頃に制作された油彩画である。テート・ギャラリーに所蔵されている。

描写

《日没》は、市場に向かう、もしくは帰る農民を主題とした、ゲインズバラによる絵画である。ここに描かれた家族は、荷馬車で移動しており、一日の労働の後の休息の時間の中に描かれている。先頭で馬を三地区男は、馬が渇きを癒すために小川で止まっている。風景は温かみのある金色の光の中に浸され、日没は静かな場面にマッチする詩的な雰囲気を与えている。

スタイルの変化

1759年、ゲインズバラが出生地であるサフォークから温泉の町バースに移ったのは、絵画スタイルの変化と一致していた。自然と秩序のある作品を綿密に観察した以前の風景画では、明らかにオランダ絵画の影響を受けていたが、バースで描かれたものとその後ロンドンで描かれたものは、より牧歌的で詩的なものとなっている。

他の画家の影響

この作品は、慣習的ではない表現と構成を持つゲインズバラのバース時代の風景画の典型である。オランダ絵画の影響は、広い塗り方や豊かな色調などの、ピーテル・パウル・ルーベンスのより自由で、劇的かつ想像的な様式に置き換えられた。風景に対するよりフランドル絵画的なアプローチが増えたことに加え、ゲインズバラは、当時風景画の偉大なオールド・マスターの一人として知られていた、クロード・ロランの構造と詩情を借りた。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家トマス・ゲインズバラ
  • 作品名日没
  • 英語名Sunset: Carthorses Drinking at a Stream
  • 分類絵画
  • 制作年不明 - 1760?年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵テート・ギャラリー (イギリス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ143.5cm
  • 横幅153.7cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 日没の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。