作品概要

ジプシーのいる風景》は、画家のトマス・ゲインズバラによって制作された作品。制作年は1753?年から1754?年で、テート・ギャラリーに所蔵されている。

詳細な画像を見る

ジプシーが主題

ゲインズバラはこの未完成の絵画で、キャンプファイヤーの周りに集まったジプシーや農民の主題を初めて探求した。ジプシーの主題は、17世紀のオランダ、フランドル、イタリアの絵画では先例があったが、ゲインズバラはこの主題を深く探究した最初のイギリス画家であり、少なくとも3つの絵画で焦点を当てている。

魅力的な下層階級

戸外でリラックスして食事をしている農民なのか、放浪生活をしている真のジプシーなのかが時おり定かではないものの、証拠(ゲインズバラがタイトルをつけた後の同主題の彫刻の名前)はこの人物達がジプシーであることを示している。18世紀の文献に見られるように、ジプシーに対する社会的態度は、彼らを不気味だと感じていたにもかかわらず、魅力的な下層階級であるともみなしていた。

描写

火の周りの人物のモチーフは、ほぼ同時期に描かれた《田舎の道を馬で行く農民のいる森の風景》(フィッツウィリアム美術館)に登場したものである。その作品ではジプシーは暗い葉の中で中距離に描かれているが、本作ではジプシーのグループは構図の焦点を形成している。彼らは大きな樫の木の下に集まっている。樹木のそば、重い荷物を積んだロバの近くに家族がおり、さらに3人の人物が料理鍋の周りに座っている。彼らは、リラックスした状態でパイプを吸い、暖かい食事を待ちながら、快適な火の周りで体をあたためている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家トマス・ゲインズバラ
  • 作品名ジプシーのいる風景
  • 英語名Landscape with Gipsies
  • 分類絵画
  • 制作年1753?年 - 1754?年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵テート・ギャラリー (イギリス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ48.3cm
  • 横幅62.2cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ジプシーのいる風景の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。