作品概要

レディ・ベイト・ダドリー》は、画家のトマス・ゲインズバラによって制作された作品。制作年は1787年から1787年で、テイト・ギャラリーに所蔵されている。

詳細な画像を見る

《レディ・ベイト・ダドリー》は、イギリスの画家トマス・ゲインズバラによって1787年に制作された油彩画である。テート・ギャラリーに所蔵されている。

モデルについて

レディ・ベイト・ダドリーは、新聞出版業者であり美術批評家のヘンリー・ベイト・ダドリー卿の夫人である。1777年以来、彼は記事においてゲインスバラを熱心に支持してきた。1780年、彼はゲインズバラに、公園の風景の中の自身の等身大の肖像画を描かせた。彼の妻の肖像画も1787年に描かれた。それが本作である。ゲインズバラは再び風景を背景に選んだが、モデルに古典的な女神ウラニア(アフロディテ)の姿勢を取らせた。

描写

ベイト・ダドリー夫人は、脚を交差させて庭のモニュメントにもたれかかっている。彼女の左手の人差し指はこめかみに触れており、優美でリラックスした姿勢となっている。イギリスでは、すでに自然な形のドレスが普通になっていた。

体の周りを流れるのは、彼女の髪を覆う透けたベールである。髪の毛にはもはやパウダーがかけられておらず、スカートの生地はゆるやかで遊び心がある。デコルテは小さく、胴は柔軟で、腰まわりにはショールをかけている。

この新しい自然さが、この作品の特徴である。ゲインズバラは、この自然な肖像と庭の木々をたくみに組み合わせている。このアンサンブルは、遠くの光と近くの光との相互作用によって強められている。ベイト・ダドリー夫人は、それ自体が絵画の中で光源となっている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家トマス・ゲインズバラ
  • 作品名レディ・ベイト・ダドリー
  • 英語名Lady Bate-Dudley
  • 分類絵画
  • 制作年1787年 - 1787年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵テイト・ギャラリー (イギリス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ221cm
  • 横幅145cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • レディ・ベイト・ダドリーの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。