作品概要

ヨハン・クリスチャン・フィッシャー》は、画家のトマス・ゲインズバラによって制作された作品。制作年は1780?年で、ウィンザー城ロイヤル・コレクションに所蔵されている。

詳細な画像を見る

《ヨハン・クリスチャン・フィッシャー》は、イギリスの画家トマス・ゲインズバラによって1780年頃に制作された油彩画である。ウィンザー城のロイヤ・コレクションに所蔵されている。

モデルについて

ヨハン・クリスチャン・フィッシャー(1733-1800)は、優れた音楽家であった。彼はドイツのフライブルク・イム・ブライスガウで生まれ、フリードリヒ2世のもとで働く前は、ドレスデンの宮廷楽団で演奏していた。

1768年6月2日にロンドンにやって来ると、シャーロット女王の楽団のメンバーになり、宮廷で定期的に演奏した。1784年にウェストミンスター寺院で行われたヘンデル記念式においてのヘンデルのオーボエ協奏曲第4番の演奏は、ジョージ3世を特に喜ばせた。このような成功にもかかわらず、彼は1786年に王の楽団のマスターの地位を確保することに失敗した。彼は1800年に宮廷でコンサートをしている最中に卒倒し、その後すぐに死亡した。

音楽への愛

このヨハン・クリスチャン・フィッシャーの肖像画は、ゲインズバラ自身の音楽愛に対する証である。彼は、政治家、作家、学者よりも、俳優、芸術家、劇作家、音楽家を愛した。彼自身も画家であるだけでなく、才能のあるアマチュア音楽家だった。

ゲインズバラは、フィッシャー以外にも、作曲家のカール・フリードリヒ・アーベル、ヨハン・クリスチャン・バッハなどの音楽家の優れた肖像画を描いている。この2つの肖像画は1770年代後半以降に描かれたものであるが、ヨハン・クリスチャン・フィッシャーのものは1780年にロイヤルアカデミーで展示された。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家トマス・ゲインズバラ
  • 作品名ヨハン・クリスチャン・フィッシャー
  • 英語名Johann Christian Fischer
  • 分類絵画
  • 制作年不明 - 1780?年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵ウィンザー城ロイヤル・コレクション (イギリス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ228.6cm
  • 横幅150.5cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ヨハン・クリスチャン・フィッシャーの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。