作品概要

》は、画家のシャイム・スーティンによって制作された作品。制作年は1920年から1921年で、オランジェリー美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

セレへの移住

本作はセレ(ピレネーオリエンタル県)で描かれ、スーティンは1919年から1922年までほとんど強制的にセレで生活をしていた。実際、スーティンの絵画商であるレオポルド・ズボロースキー(1889-1932)は、スーティンをセレの村に送り、食費や滞在費をまかない、そのかわりにスーティンは作品を送るという生活をしていたのだ。

本作の特徴

本作は、Ravin des Tinsから見えるリパブリック通り沿いの家並みを描いている。
スーティンはその家々を過剰に引き延ばして描いており、その家並みが絵全体のスペースを占めていて、空を覆い隠している。

空は、家の外壁の色に似た石灰質な灰色をしており、存在感がない。峡谷は、本作では絵の下の方の部分にわずかに描かれているだけである。家は幻覚を見ている世界のように、ねじれて波立っている。まるでスーティンの内面の混乱を表しているかのようである。

スーティンが受けた影響

茶色、灰色、緑色が主な色合いで、セレ滞在期のほかの多くの絵よりさらにぼやけたトーンで描かれている。エゴン・シーレ(1890-1918)の風景画を思い出させる風景である。このゆがみは、映画『橋』のドイツ表現主義の表現方法に近いものである。

*ドイツ表現主義とは、ドイツにおいて第一次世界大戦前に始まり1920年代に最も盛んに取り入れられた芸術運動で、客観的表現を排して内面の主観的な表現に主眼をおいた表現方法のことである。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家シャイム・スーティン
  • 作品名
  • 英語名Houses
  • 分類絵画
  • 制作年1920年 - 1921年
  • 製作国フランス
  • 所蔵オランジェリー美術館 (フランス)
  • 種類油絵
  • 高さ58cm
  • 横幅92cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 家の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。