作品概要

牛を池に導く少年》は、画家のトマス・ゲインズバラによって制作された作品。制作年は1786?年で、テート・ギャラリーに所蔵されている。

詳細な画像を見る

《牛を池に導く少年》は、イギリスの画家トマス・ゲインズバラによって、おそらく1780年代に制作された油彩画である。ロンドンのテート・ギャラリーに所蔵されている。

18世紀の重要なイギリス画家

トマス・ゲインズバラは、18世紀のイギリスの画家の中でも最も有名な人物として名声を確立した。彼は、そのキャリアの早い段階でロココ様式の作品を制作し始めた。その作品は、当時の流行を通して貴族社会の豪華さと気楽さを表現した。

しかし、彼の最も影響力のある作品は、近代のロマン主義画家によって引き継がれることになる、農村の田園地帯における理想的な牧歌的生活を描いた作品であった。その画期的な能力と情熱のために、彼はイギリスの画壇に大きな影響をもたらし、国の重要な画家として評価された。

彫刻に基づいたニンフの裸体画

ゲインズバラは、風景画の依頼をほとんど受けていなかった。彼が展示した風景画はすべて、瞑想的な作品であった。少年が牛の群れを水辺まで導く場面を描いたこの絵画の中に横たわる静かな孤独は、ゲインズバラの後期風景画の典型である。牧歌的なやすらぎと静けさとの風景画とのつながりは、彼の晩年期においてより強まったようである。

ゲインズバラは次のように主張していた。「私は肖像画にはうんざりだ。ヴィオラ・ダ・ガンバ(チェロ)を持ってどこか気持ちの良い村に行きたいと心底願っている。そこなら風景を描けるし、静かに、気楽に人生の終わりを楽しむことができる」

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家トマス・ゲインズバラ
  • 作品名牛を池に導く少年
  • 英語名Boy Driving Cows near a Pool
  • 分類絵画
  • 制作年不明 - 1786?年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵テート・ギャラリー (イギリス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ58.4cm
  • 横幅76.2cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 牛を池に導く少年の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。