作品概要

チャリング・クロス橋》は、画家のクロード・モネによって制作された作品。制作年は1900年から1900年で、インディアナポリス美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《チャリング・クロス橋》はフランスの画家、クロード・モネによる、1899年から1904年に描かれた一連の油絵である。印象主義の絵画であり、霧深いロンドンにあるチャリングクロス橋を表現している。

モネとロンドンの霧

1899から1905年にかけてモネは、サボイ・ホテル5階のバルコニーからの景色を捉えるためにロンドンを訪れた。ロンドンの霧に魅了された彼は何度も国会議事堂、ウォータールー橋とチャリング・クロス橋を描く中で、束の間の大気の影響を捕えるために絵を一気に描き上げていった。

モネはロンドンで100作近くの作品に着手しており、作品中37枚はチャリング・クロス橋を主題としている。そのうち12作だけがロンドンで仕上がり、残りはジヴェルニーの彼のスタジオに戻ってから完成された。

シリーズの評価と行き先

《チャリング・クロス橋》のシリーズは全世界に散らばっている。未完成の作品はインディアナポリス美術館に所蔵されており、一度ウォールストリート・ジャーナルの記者テリー・ティーチアウトによって「熟練者でもオフの日はある」と、“2流”との評価を受けた。

この他のバージョンは、シカゴ美術館、ボルチモア美術館、ボストン美術館、ハーバード美術館、アートギャラリー・オブ・オンタリオ、ティッセン= ボルネミッサ美術館で所蔵されている。もう1つのバージョンは2012年10月16日、クンストハル・ロッテルダムから盗まれたのち、犯人の一人の母親によりオーブンで焼却されたとされている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家クロード・モネ
  • 作品名チャリング・クロス橋
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1900年 - 1900年
  • 製作国不明
  • 所蔵インディアナポリス美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩、画布
  • 高さ66cm
  • 横幅93cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • チャリング・クロス橋の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。