作品概要

青い服を着た婦人の肖像》は、画家のトマス・ゲインズバラによって制作された作品。制作年は1770?年から1780?年で、エルミタージュ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《青い服を着た婦人の肖像》は、イギリスの画家トマス・ゲインズバラによって1770年代後半から1780年代前半にかけて制作された油彩画である。エルミタージュ美術館に所蔵されている。

当時の美とファッションの理想

《青い服を着た婦人の肖像》は、トマス・ゲインズバラ作品の中で唯一ロシアの美術館にあるものである。モデルについては諸説あるが、最も一般的な見解では、イギリス海軍ボスカウェン提督の娘、エリザベス(後のビューフォート公爵夫人)であるとされている。

この魅力的な肖像画は、18世紀の特徴であるファッションと美に関する多くの理想を反映している。なで肩、花の茎に似た優雅な曲線を描く細い首、アップにした髪の複雑なデザイン、羽付きの帽子、かなり濃い人工的な頬紅、粉は顔、胸や首だけでなく、かつらにもかけられている。

革新的な絵画技術で描かれた作品

この作品は、青とグレーの密な色調を使用することで単一の旋律的色調が作られ、柔らかな水彩の効果が得られている。いくつかの領域では絵の具の層が非常に薄いため、キャンバスの構造が見えている。

ゲインズバラは革新的な絵画技術を発明した。速く薄く塗ることで、非常に動的な表面が形成される。それらのおかげで、比較的平和な場面でも、英雄が生きて動いているように見える。このような軽さと流動性を実現するために、ゲインズバラは非常に長い毛のブラシと液体塗料を使用した。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家トマス・ゲインズバラ
  • 作品名青い服を着た婦人の肖像
  • 制作年1770?年-1780?年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵エルミタージュ美術館 (ロシア)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ76.5cm
  • 横幅63.5cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 青い服を着た婦人の肖像の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。