作品概要

羊飼いのいる山の風景》は、画家のトマス・ゲインズバラによって制作された作品。制作年は1783年から1783年で、個人に所蔵されている。

詳細な画像を見る

描写と性格

《羊飼いのいる山の風景》は、イギリスの画家トマス・ゲインズバラによって1783年に制作された油彩画である。山岳地帯の丘の池のほとりにいる羊飼いを描いている。

青々とした木々を越えて視線を移動させると、山々を曇った空と調和させている青、紺、黄色、灰色の柔らかな淡い色調の背景が見えてくる。

場所をより正確に描いたこの風景画は、それまでは自然主義に焦点を当てていた画家の出発点となるべき作品である。それは主題に関して伝統的な慣習を支持し続けていたライバル、ジョシュア・レノルズを含む、画家たちの要求に反する意図的な変化だった。

身の回りの物で作り出した「アトリエの中の自然」

この作品の制作時、ゲインズバラはコルク、砂、粘土、コケ、さらにブロッコリーのような野菜といったようなさまざまな素材を創造的に使うことで、アトリエでモデルとなる風景を作った。これはゲインズバラが応用した興味深い方法論である。

ゲインズバラは、周囲にある普通の有機物を用いて、より大きな自然要素の単純化されたバージョンを作ることができた。彼は池を表現するために牛乳を使った。ブロッコリーの小房は木などのモデルとなった可能性がある。

この考え方は、自然界のあらゆる物体は、より基本的で幾何学的な形態にたとえることができるという、セザンヌが19世紀後半から20世紀初頭にかけて絵画に革命を起した方法と幾分似ているといえる。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家トマス・ゲインズバラ
  • 作品名羊飼いのいる山の風景
  • 英語名Mountain Landscape with Shepherd
  • 分類絵画
  • 制作年1783年 - 1783年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵個人
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ不明
  • 横幅不明
  • 投稿日
  • 編集者
  • 羊飼いのいる山の風景の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。