作品概要

青衣の少年》は、画家のトマス・ゲインズバラによって制作された作品。制作年は1779年から1779年で、ハンティントン・ライブラリーに所蔵されている。

詳細な画像を見る

描写

少年は、左手を腰にかけ、左足をやや前方に置き、光り輝く青いサテンの服を身に着けて立っており、鑑賞者を直接注視するように威厳のある姿勢を示している。白い羽根つきの黒い帽子をゆるやかに持つことで、その姿勢に気楽さと魅力を加えている。

画題の「青衣の少年」は、文字通り、ゲインズバラがヴァン・ダイク様式の衣装、つまり膝丈のズボンと切れ目の入ったダブレット、レース襟の衣装を着たモデルの全身肖像画を発表する最初の試みであった。彼は、単純化された木々と嵐のような空を持つ、抽象化された風景を背景にして立っている。ゲインズバラが画家の巨匠たちのスタイルから学んだのは事実かもしれないが、彼は肖像画を制作するすばらしい方法を作り上げることで慣習に従わず、革命的な画家としての地位を強化している。

伝統的慣習の否定

ゲインズバラの現代性は、革新的な色彩の使用で表面化している。絵の主題を定義するメイン・カラーとしての青の扱い方は、暖色が主題を洗練させるのに最も効果的であり、青と緑は背景に適した後退色であると考えられていた西洋の伝統的慣習に反している。この理論を否定したゲインズバラは、縦長の作品の焦点の色として青をうまく採用している。

影響

古い絵画の冗長な概念を否定することによって、ゲインズバラの作品は、肖像画が何であるかに思いを巡らせ、次世代の現代芸術家の基盤を築く新しい方法を生み出した。彼の影響はジャック・ルイ・ダヴィッドの作品にも見られる。また、、ゲインズバラの技術から学んだジェームズ・アボット・マクニール・ウィスラーのような他の近代画家に影響を与え続けた。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家トマス・ゲインズバラ
  • 作品名青衣の少年
  • 英語名The Blue Boy
  • 分類絵画
  • 制作年1779年 - 1779年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵ハンティントン・ライブラリー (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ177.8cm
  • 横幅112.1cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 青衣の少年の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。