作品概要

積みわら(日光、真昼)》は、画家のクロード・モネによって制作された作品。制作年は1890年から1891年で、オーストラリア国立美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《積みわら》は、クロード・モネによる一連の印象派の絵画のタイトルである。一連の絵の主題は、すべて収穫シーズンの後の畑にある干し草の塊である。

このシリーズは25作品からなり、いずれも1890年の夏の終わりから1891年の春の間に描かれている。「ウィルデンシュタイン作品番号」では、1266から1290に該当する。繰り返し同じ主題を描く中にも、それぞれ異なる時間、季節、天候の光を表したシリーズとしてよく知られている。

《積みわら》のシリーズは、モネの他の作品と同様にジヴェルニーの自宅から3キロメートル以内の風景であり、近くの畑を描いたとされている。

日光、真昼

この《積みわら(日光、真昼)》は、多くの色彩によって光が描かれている。

モネは印象派絵画の先駆者として、写実的に映像を写し取ることよりも、視覚の「感じ」を表現した画家である。光と空気の「感じ」を抽象的に描き、感情的に見るものと共有させるのである。

この「日光、真昼」は、日中の明るい光に対し、逆光を浴びる積みわらとその影が対比的に色彩で表現されている。積みわらと影の形は幾何学的であり、陰る色が視覚に張り付くような、平面的な印象をうかがわせる。

「日光、真昼」のW番号は1271であり、現在はオーストラリア国立美術館に収蔵されている。

基本情報・編集情報

  • 画家クロード・モネ
  • 作品名積みわら(日光、真昼)
  • 制作年1890年-1891年
  • 製作国不明
  • 所蔵オーストラリア国立美術館
  • 種類油彩
  • 高さ65cm
  • 横幅100cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 積みわら(日光、真昼)の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。