作品概要

市の荷車》は、画家のトマス・ゲインズバラによって制作された作品。制作年は1786年から1786年で、ロンドン・ナショナル・ギャラリーに所蔵されている。

詳細な画像を見る

描写

牧歌的な場面を描いたトマス・ゲインズバラの《市の荷車》は、画面上を左から右に向かって斜めに進む家族を描いている。母親と子供が荷車に座っており、男、幼児、犬が荷車に並んで歩きながら、高い樫の森の中、そして銀色の雲の下でゆっくりと移動している。

農業革命の時代

農村の人々の生活は、市場に依存していた。このような市場は、現代社会が始まる前から徐々に一般化していった。この作品が描かれたのは、18世紀後半の産業革命より数十年前に起こった農業革命のような、大きな動きの幕開けの時代であった。これらの社会的変化は農村の概念を変え、最終的に農業をより生産的かつ強力なものへと変えていった。輪作、新しい機械設備、設備投資の増加を含む農作業において、絶え間ない変更が行われた。収穫高の急激な増加、農地からサービス業や産業への労働力の移動は、イギリスの景観がこのように変化した主な結果であった。

ロマン主義の先駆け

この進歩の否定的な面では、男性労働者が生計を立て、脱穀、伐採、刈り取り、薪集めなどの活動を続けなければならなかった。ゲインズバラはこうした日雇い労働者の勤勉さを実感し、本作を最初に出展してから1年後、右前景の木々の影に木こりを付け加えた。

農民の生活は当時は易しいものではなかったが、こうした急速な変化は農業界へ大きな希望をもたらした。本作は、繁栄を探究する理想的な風景を描いており、ロマン主義作品の先駆けの一例となっている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家トマス・ゲインズバラ
  • 作品名市の荷車
  • 英語名The Market Cart
  • 分類絵画
  • 制作年1786年 - 1786年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵ロンドン・ナショナル・ギャラリー (イギリス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ184cm
  • 横幅153cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 市の荷車の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。