作品概要

コーナードの森》は、画家のトマス・ゲインズバラによって制作された作品。制作年は1748年から1748年で、ロンドン・ナショナル・ギャラリーに所蔵されている。

詳細な画像を見る

《コーナードの森》は、イギリスの画家トマス・ゲインズバラが1748年に制作した油彩画である。サフォーク州サドバリー近郊の森を描いている。

描写

平和で美しい豊かな森の中、田舎の人々は深い静けさを際立たせる道を横切​​って移動しているようである。鑑賞者の視線は、左前景にいる木こりへとまず導かれる。木こりは短い休憩をとっており、おそらく座っている若い女性と会話している。さらに上に移動すると、背中に包みを背負った男が歩いているのが見える。遠く、道の終わりには、馬に乗っている男がいる。この道の右側、密集した木々や葉の間には、静かな池がある。

都市開発に反対した画家

ゲインズバラはおそらく、自然を描く風景画を通じて、都市開発に対する主張を伝えた最初の画家の一人であった。後の人生をバスとロンドンの街で過ごした彼の国家への要求は決して止まなかった。ゲインズバラは、農村生活の質の向上を望んでいたようである。

スケッチの発見

この作品に関連した興味深い最新の成果は、2017年に発見された、ウィンザー城のロイヤルコレクションの26作の素描の1つの研究スケッチである。それ以前はこれらの素描は、別の画家エドウィン・ランドシーアの作品だと考えられていた。

この素描は、ゲインズバラがこの図に基づいて絵画を制作するために、グリッド上に樹木を構成することによって完璧な青写真を作るという、画家の創造の過程に対する洞察を我々に提供している。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家トマス・ゲインズバラ
  • 作品名コーナードの森
  • 英語名Cornard Wood, near Sudbury, Suffolk
  • 分類絵画
  • 制作年1748年 - 1748年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵ロンドン・ナショナル・ギャラリー (イギリス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ122cm
  • 横幅155cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • コーナードの森の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。