作品概要

黄昏、ヴェネチア》は、画家のクロード・モネによって描かれた作品。制作年は1908年から1912年で、国立ウェールズ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

1908年にクロード・モネがヴェネチアを訪れた際に描いた修道院の島の眺めのシリーズの中のひとつとされる。

「描かれるにはあまりに美しい」都市

クロード・モネはヴェネチアについて「描かれるにはあまりに美しい」都市だと感じていた。彼が何枚もの絵を未完成のままにしてジヴェルニーにある自宅に戻ったのは、それが理由とされている。

主題の前で、彼は初期写生段階ですでに絵を描くことを断念したが、代わりに、彼は自宅でヴェネチアの絵を作成した。1911年の彼の妻アリスの死が絵の完成における要因の一つであったようだ。

成功

1912年、クロード・モネはパリにて展示会を開き、大成功を収めている。その際に本作品はウェールズ・アート・コレクターのグウェンドリン・デーヴィスの手に渡ることとなった。絵は彼女の遺言により国立ウェールズ美術館に寄贈された。

クロード・モネは1908年に妻と共にヴェネチアを訪れ12月まで滞在した。ヴェネチアに惹きつけられた他の画家たち(例えばルノアールまたはマネ)に妻を紹介することについて、クロード・モネは確信が持てなかった。

68歳の作品

「世界において類がないこれらの見事な日暮れ」を最初に見たとき、彼は68歳だった。彼はサン・ジョルジョ・マッジョーレ教会を6つのいろいろな照明状況に塗った。

この技術によって、本作は「経験の自然」に焦点を当てられることとなった。

基本情報・編集情報

  • 画家クロード・モネ
  • 作品名黄昏、ヴェネチア
  • 制作年1908年-1912年
  • 製作国不明
  • 所蔵国立ウェールズ美術館
  • 種類油彩
  • 高さ65.2cm
  • 横幅92.4cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 黄昏、ヴェネチアの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。