作品概要

朝の散歩(ウィリアム・ハレット夫妻)》は、画家のトマス・ゲインズバラによって制作された作品。制作年は1785年から1785年で、ロンドン・ナショナル・ギャラリーに所蔵されている。

詳細な画像を見る

《朝の散歩》は、イギリスの画家トマス・ゲインズバラにより1785年に制作された油彩画である。ロンドン・ナショナル・ギャラリーに所蔵されている。

描写

トマス・ゲインズバラの《朝の散歩》は、着飾った上流階級の夫婦が「カンバセイション・ピース」の方式で田舎を散策するところを描いている。

夫婦は鑑賞者に気づかずに、腕を組み、彼らの右側にある何かを見ている。画面左下には小さな白いスピッツがおり、夫妻を熱狂的に見上げているす。それは白いリボンと羽を持つ快適そうな黒い帽子、アイボリーのシルクドレスを着ているエリザベス・ステファンの隣に沿って歩き、尾を振っている。

彼女の右には、黒いベルベットのフロックスーツと白いストッキングの男がいる。この女性と紳士は、当時結婚したばかりのウィリアム・ハレット夫妻であり、彼らの結婚衣装を着て描かれている。

短かった幸福な時間

ゲインズバラがロンドンに定住していた晩年期に描かれたこの作品は、重要人物の詳細な肖像画を制作する際の、彼の熟練した審美眼を示している。衣装の贅沢さを通してモデルの富や社会的地位を賞賛するのは、画家の強みであった。この作品は、夫婦の最も幸福な時間を捉えている例である。彼らは後にギャンブルでと身を失うことになるので、幸福な時間はわずかであった。

動きの演出

この作品の意義は、その動きの演出にもある。散歩途中の人物、夫人のドレスのフリル、犬の毛、波状の木の枝など、さまざまな層での動きの印象を同調させたこの作品は、多くの画家が追随して模倣したゲインズバラ作品の例となっている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家トマス・ゲインズバラ
  • 作品名朝の散歩(ウィリアム・ハレット夫妻)
  • 英語名Mr and Mrs William Hallett, 'The Morning Walk'
  • 分類絵画
  • 制作年1785年 - 1785年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵ロンドン・ナショナル・ギャラリー (イギリス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ236cm
  • 横幅179cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 朝の散歩(ウィリアム・ハレット夫妻)の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。

    新山美希 にコメントする コメントをキャンセル

    1. 新山美希

      はじめまして。この度、この様なページを拝見させて頂き、ご質問させて頂きます事誠にありがとうございます。さて、この「朝の散歩」でありますが、4年ほど前に出会い一目惚れでした。ずっとこの夫妻について調べましたがわからず、ようやくこちらで転落人生のようなものだった事をおしえて頂きました。何故こちらのご夫婦にこれほどまでにこだわるのか?
      わかりません。何故だか無性に心惹かれるのです。もし他にもこのハレット夫妻について、どんな些細な事でももしご存知でしたら教えて頂けますようお願い申し上げます。