作品概要

クリスマス・キャロル》は、画家のダンテ・ガブリエル・ロセッティによって制作された作品。制作年は1867年から1867年で、個人に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《クリスマス・キャロル》は、イギリスの画家ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティにより1867年に制作された油彩画である。

ラファエル前派の創設者

ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティは、1848年に、ウィリアム・ホルマン・ハントとジョン・エヴァレット・ミレイとともにラファエル前派を設立した画家である。ロセッティは、後にウィリアム・モリスとエドワード・バーン・ジョーンズのような、彼らの活動の影響を受けた第二世代の画家や作家の主なインスピレーションの源となった。彼の作品はまた、ヨーロッパの象徴学者に影響を与え、耽美主義の主な前兆ともなった。

ロセッティの芸術は、その官能性と中世の復興主義が特徴である。彼は画家であると同時に詩人でもあり、初期の詩はジョン・キーツの影響を受けている。ロセッティの作品は、詩と絵画が密接に結びついているものが多くある。

クリスマスを主題にした作品

この作品は、エキゾチックな装飾品や中世の含意を用いた、音楽制作を主題としたものである。フレームに引用されているクリスマス・キャロルは、中世に起源を持っている。ここでは、着飾った女性が「バルラロウ」の曲でキリスト生誕の歌を歌っている。

さまざまな装飾品の中には、2本の弦を持つ楽器と、他の絵画にも見られる螺旋状の髪飾りが見られる。 それらには歴史的な一貫性はない。クリスマスという主題のための、適切で華やかなシーンを作り上げるために選択されたものといえる。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ダンテ・ガブリエル・ロセッティ
  • 作品名クリスマス・キャロル
  • 英語名A Christmas Carol
  • 分類絵画
  • 制作年1867年 - 1867年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵個人
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ46.4cm
  • 横幅39.4cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • クリスマス・キャロルの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。