作品概要

赤、黄および青のコンポジション》は、画家のピエト・モンドリアンによって制作された作品。制作年は1930年で、チューリッヒ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《赤、黄および青のコンポジション》はモンドリアンのもっと有名な作品の一つである。そして長い間、絵画の構成について試行してきたモンドリアンが行きついた一つの結論と言ってもいい。

作品概要

本作、「赤,青,黄のコンポジション」は不可解だ。 キャンバスは小さく、赤,青,黄,白,黒など,最もシンプルな色しか使われていない。同様に、使用されている図形も垂直や水平の線にによって分けられただけの形や正方形や長方形のようなとても単純なものが描かれている。このような現実の根底にある構造を描くという芸術家の決意を垣間見る事は私たちにとって容易なことではない。

作品の変化

本作はモンドリアンの作品の中で大きな一つの収束点と言える作品である。1910年頃パリへ移ったモンドリアンはキュビズムの影響を受け、物体をより抽象的かつ単調に描くようになる。

彼は約20年間、代名詞とも言える垂直と平行線で区切るグリットのようなモチーフにこだわり、少しずつ改良を続けていた。そして代表作と言える本作を完成させた。

本作は芸術作品の枠を超えて、「イヴ・サンローラン」とコラボレーションしファッション界にも影響を及ぼすなど、芸術作品の新たな市場を広げるという大きな一歩にも一役買うことになった。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ピエト・モンドリアン
  • 作品名赤、黄および青のコンポジション
  • 制作年不明-1930年
  • 製作国フランス
  • 所蔵チューリッヒ美術館 (スイス)
  • 種類油彩
  • 高さ46cm
  • 横幅46cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 赤、黄および青のコンポジションの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。