作品概要

庭園の女たち》は、画家のクロード・モネによって描かれた作品。制作年は1866年から1867年で、オルセー美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

 「庭園の女たち」はフランス人画家クロード・モネが26歳の時、1866年に描き始めた作品である。野外で作成された大きな作品で、描かれた場所はモネが当時借りていた家の庭ではないかと言われている。モデルはモネの仲間カミーシュである。モネは最終的にはモネは絵を室内で仕上げ、衣服をより正確に描写するために雑誌を参考にしたそうだ。

 この作品を描いた当時、彼はまだ画家としてのキャリアは浅く、実験的な手法や主題を選んでいた。彼の初期の作品はパリのサロンで人気を得ていたが、1867年に発表したこの「庭園の女たち」に関しては主題と物語性の弱さの理由に評価を得ることができなかった。

サロンはそれ以外にも現代では印象派の特色とされているモネの重いタッチにも難色を示した。サロンの意審査員の一人は「あまりに多くの若者は、この非常に不快な方向に進んでいる。彼らを捕らえ、芸術を守るべきだ!」とさえ述べた。

この作品は初期印象派で有名な画家フレデリック・バジールがモネがお金に困っていた際に彼に金銭面でサポートをするために購入した。オルセー美術館が現在はこの絵を所有しており、「モネはドレスの白い部分をたくみに表現し、構成の構造でしっかりと定着させている」とコメントしている。

モネの伝記の作者は「後の世代がどのように絵の欠点を発見したか」気付いたと記している。しかし、光と影の絵の処置は誉め称えられており、この点では、作品「庭園の女たち」はモネの芸術的な方向性を彼に示したかもしれない。

基本情報・編集情報

  • 画家クロード・モネ
  • 作品名庭園の女たち
  • 制作年1866年-1867年
  • 製作国不明
  • 所蔵オルセー美術館
  • 種類油彩・カンヴァス
  • 高さ255cm
  • 横幅205cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 庭園の女たちの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。