作品概要

カラドゥ・パースペクティヴ・ドローイング・フォー・ユニバ―シティー・コンサートホール・デザイン・バイ・コーネリアス・ファン・エーステレン》は、画家のテオ・ファン・ドゥースブルフによって制作された作品。制作年は1926年から1928年で、オランダ建築博物館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

二年をともにした芸術家たち

《カラドゥ・パースペクティヴ・ドローイング・フォー・ユニバ―シティー・コンサートホール・デザイン・バイ・コーネリアス・ファン・エーステレン》は、1926年にドイツとフランスで活動していた画家のハンズ・アルプと芸術家、画家、彫刻家、そしてダンサーでもある、ゾフィー・アンリエット・ゲルトルード・トイバー=アルプがファン・ドゥースブルフを制作に招いて合同制作を行った作品である。

フランスのストラスブルグの建築物に本作品のデザインは使用され、新たなエンターテインメントの複合としてプロジェクトが進められた。三人の芸術家によるこのプロジェクトでデザインと装飾が二年間にわたり行われた。

作品への反応

この複合施設の一部は1929年に建設されたが、残念ながら公衆にはほとんど受け入れられなかった。そのため、すぐに伝統的なスタイルに変更されることになってしまったのである。そして本作品、上部の色のデザインは決して建設されることのなかった。

ドゥースブルフがもたらす効果

建築に適用された、ファン・ドゥースブルフのデザインは美学におけて純粋で視覚的作用は非常に効果的であった。なぜなら、実用的な妥協と限界の必要性を伴わない理論的図式は絶大なる効果を生み出すからである。

ドゥースブルフはこのデザインの制作で、ダイナミックな対角線を正面と中央に配置することで、このデザインが目を引くように設定したのであった。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家テオ・ファン・ドゥースブルフ
  • 作品名カラドゥ・パースペクティヴ・ドローイング・フォー・ユニバ―シティー・コンサートホール・デザイン・バイ・コーネリアス・ファン・エーステレン
  • 英語名Colored perspective drawing for university concert hall designed by Cornelis Van Easternern
  • 分類絵画
  • 制作年1926年 - 1928年
  • 製作国オランダ
  • 所蔵オランダ建築博物館 (オランダ)
  • 種類鉛筆/水彩
  • 高さ62cm
  • 横幅144cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • カラドゥ・パースペクティヴ・ドローイング・フォー・ユニバ―シティー・コンサートホール・デザイン・バイ・コーネリアス・ファン・エーステレンの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。