作品概要

夢想》は、画家のダンテ・ガブリエル・ロセッティによって制作された作品。制作年は1868年から1868年で、アシュモレアン博物館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《夢想》は、イギリスの画家ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティにより、1868年に制作された作品である。アシュモレアン博物館に所蔵されている。

ラファエル前派の創設者

ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティは、1848年に、ウィリアム・ホルマン・ハントとジョン・エヴァレット・ミレイとともにラファエル前派を設立した画家である。ロセッティは、後にウィリアム・モリスとエドワード・バーン・ジョーンズのような、彼らの活動の影響を受けた第二世代の画家や作家の主なインスピレーションの源となった。彼の作品はまた、ヨーロッパの象徴学者に影響を与え、耽美主義の主な前兆ともなった。

調和した色調

これは、ロセッティ作品の中でも風景を背景にしたまれな例である。背景の落ち着いた灰色と緑は、静かな人物のいる雰囲気と慎重に調和している。ここでのジェーンの目は、通常よりも緑色に描かれている。

写真と類似した姿勢

この姿勢は、写真家ジョン・ロバート・パーソンズが1865年に撮影したジェーン・モリスの一枚の写真と非常に似通ったものとなっている。パーソンズの撮影したジェーン・モリスの写真からはいくつかの肖像画が描かれたが、ロセッティは写真をもとにして描いたというよりも、ポーズの研究や、モデルがいない間の補助として写真を利用していたようである。

手を顔に、肘をひざにつけたこの姿勢はまた、思慮や熟考を表す伝統的な方法の引用でもある。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ダンテ・ガブリエル・ロセッティ
  • 作品名夢想
  • 英語名Reverie
  • 分類絵画
  • 制作年1868年 - 1868年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵アシュモレアン博物館 (イギリス)
  • 種類チョーク、紙
  • 高さ84.4cm
  • 横幅71.1cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 夢想の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。