作品概要

オフィーリアの発狂》は、画家のダンテ・ガブリエル・ロセッティによって制作された作品。制作年は1864年から1864年で、ギャラリー・オールダムに所蔵されている。

詳細な画像を見る

《オフィーリアの発狂》は、イギリスの画家ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティにより、1864年に制作された作品である。ギャラリー・オールダムに所蔵されている。

ラファエル前派の創設者

ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティは、1848年に、ウィリアム・ホルマン・ハントとジョン・エヴァレット・ミレイとともにラファエル前派を設立した画家である。ロセッティは、後にウィリアム・モリスとエドワード・バーン・ジョーンズのような、彼らの活動の影響を受けた第二世代の画家や作家の主なインスピレーションの源となった。彼の作品はまた、ヨーロッパの象徴学者に影響を与え、耽美主義の主な前兆ともなった。

主題

画題は、シェークスピアの演劇「ハムレット」の登場人物である狂女オフィーリアの、最初の登場シーンを示唆している。しかしロセッティは、同じシーンの後半部分を念頭に置いて描いた可能性がある。花輪をかぶったオフィーリアは、ショックを受けている彼女の兄レアティーズがいる中で、ローズマリー(記憶)、パンジー(思考)、フェンネル、オダマキ、ヘンルーダ、デイジー、バイオレットなどの花の名前を列挙している。

画家の妻エリザベス・シダルの顔

この絵画で重要なことは、オフィーリアに画家の妻、エリザベス・シダルの特徴が与えられていることである。同じくラファエル前派の画家ジョン・エヴァレット・ミレイは、シダルをモデルにして非常に有名な同主題の絵画《オフィーリア》(1852年、テート・ギャラリー蔵)を制作している。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ダンテ・ガブリエル・ロセッティ
  • 作品名オフィーリアの発狂
  • 英語名The First Madness of Ophelia
  • 分類絵画
  • 制作年1864年 - 1864年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵ギャラリー・オールダム (イギリス)
  • 種類水彩、紙
  • 高さ39.4cm
  • 横幅29.2cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • オフィーリアの発狂の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。