作品概要

同時並行するヴィジョン》は、画家のウンベルト・ボッチョーニによって制作された作品。制作年は1911年から1911年で、フォン・デア・ハイト美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《同時並行するヴィジョン》はウンベルト・ボッチョーニによって1911年に制作された油彩画で、現在ドイツ西部の町ヴッパータールのフォン・デア・ハイト美術館に所蔵されている。

同時性

ボッチョーニはイタリア未来派に属する画家たちの中心的存在であった。彼ら未来派の重視する要素の一つは同時性である。ここでいう同時性とは、表現する対象を様々な角度、観点から分析したときに複数の局面が同時に現れてくることをいう。これは従来のヨーローッパ絵画における伝統的価値観である、一点透視図法(ある一つの視点から見たままを描く技法)に対する重大なアンチテーゼであった。

すでにピカソやブラックがキュビスム運動によって対象を複数の面から描く方法を確立していたが、ボッチョーニら未来派の芸術家たちは、それを更に推し進めて時間的、精神的な同時性をも表現する点において新しい芸術であったのである。

作品

この作品は1912年にパリのベルネーム・ジュネ画廊で初めて展示され、ボッチョーニ自身、先述の「同時性」を絵画として表すことに成功した最初の作品だと認めている。

画面中央には大きく女性の横顔が表されている。彼女は高いビルの上から通りを眺めているようである。そこには戦車や鉄道、群衆がある。それらはすべて、様々な角度から同時に観察されて切子の面のように表現された多面体として描かれている。ボッチョーニ自身によれば、それらは新しい時代のスピード、現代生活、科学上の発見といった未来派のあらゆる要素を含んでいるのである。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ウンベルト・ボッチョーニ
  • 作品名同時並行するヴィジョン
  • 英語名Simultaneous Visions
  • 分類絵画
  • 制作年1911年 - 1911年
  • 製作国イタリア
  • 所蔵フォン・デア・ハイト美術館 (ドイツ)
  • 種類油彩画
  • 高さ60.5cm
  • 横幅60.5cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 同時並行するヴィジョンの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。