作品概要

ラ・ドンナ・デッラ・フィネストラ》は、画家のダンテ・ガブリエル・ロセッティによって制作された作品。制作年は1879年から1879年で、ハーバード大学美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

ラファエル前派の創設者

ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティは、1848年に、ウィリアム・ホルマン・ハントとジョン・エヴァレット・ミレイとともにラファエル前派を設立した画家である。ロセッティは、後にウィリアム・モリスとエドワード・バーン・ジョーンズのような、彼らの活動の影響を受けた第二世代の画家や作家の主なインスピレーションの源となった。彼の作品はまた、ヨーロッパの象徴学者に影響を与え、耽美主義の主な前兆ともなった。

ダンテの「新生」が主題

ダンテの「新生」に登場する「ラ・ドンナ・デッラ・フィネストラ」(または窓の女性)は、ベアトリーチェの死後、窓からダンテを慈愛の表情で見つめた若い女性である。

この主題は、自伝的解釈をすることができる。モデルであるジェーン・モリスは、エリザベス・シダル(ロセッティの妻であり、ロセッティ作品の多くでベアトリーチェのモデルを務めた)の死後、ロセッティを慰めた女性と言えるからだ。

しかし、これはロセッティがエリザベス・シダルやジェーン・モリスと出会うずっと以前である1848年に初めて考え出した「新生」の13の主題のうちの1つである。

さまざまな解釈ができる作品

ロセッティ自身は、自身の作品の解釈を制限することはなかった。したがって同じ作品の中には、寓意、文字通りの意味、あるいは伝記的な解釈などを同時にすることができる。

ロセッティの絵画や詩の中で探求されたこのような概念は、19世紀後半の象徴芸術や文学にとって、最も重要なものであった。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ダンテ・ガブリエル・ロセッティ
  • 作品名ラ・ドンナ・デッラ・フィネストラ
  • 英語名La Donna della Finestra
  • 分類絵画
  • 制作年1879年 - 1879年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵ハーバード大学美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ100.7cm
  • 横幅74cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ラ・ドンナ・デッラ・フィネストラの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。