作品概要

カラーデザイン・フォー・ザ・フロア・ウォールズ・スィーリング・オブ・アン・アカデミック・ビルディング・イン・アムステルダム》は、画家のテオ・ファン・ドゥースブルフによって制作された作品。制作年は1923年から1923年で、建築研究所に所蔵されている。

詳細な画像を見る

主題

《カラーデザイン・フォー・ザ・フロア・ウォールズ・スィーリング・オブ・アン・アカデミック・ビルディング・イン・アムステルダム》は1923年にファン・ドゥースブルフによって製作された初期のデザイン画である。

図形の美学

デザイン画の構成として用いられたのは、主に長方形と正方形である。この双方の図形を斜めに編成し構成している。そしてこのデザインは、大学の建築物の大きな部屋の一角と隣接する上部を平らな図形方式を使用し、八角形の天窓を表現した。

ファン・ドゥースブルフは、建築デザインのスタイルの中に原色と幾何学を混在させ、デ・ステイルの要素を三次元で表すことを試みたのだ。

加えて、彼は対角線に図式することに美学を感じその自分の思想をこのデザイン画を制作することで形にしたのである。

美学の相違

ファン・ドゥースブルフが活動していた当時、オランダの画家ピエト・モンドリアンも彼が在籍していたグループ、デ・ステイルで芸術活動と芸術雑誌の発行に力を注いでいたが、彼らには芸術に対する相違が徐々に起こるようになる。

本作品制作中にもその相違は見られ、ファン・ドゥースブルフはこの頃の建築作品で、安定した構造に頼らず構造がダイナミックに見て取れることを重要としていたが、この意見に賛同できなかったモンドリアンと彼は距離を置くことになるのである。

その翌年から、ファン・ドゥースブルフはエレメンタリズムに関する関連理論を想起し、カウンター・ポンポジションの絵画を描き始めることとなった。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家テオ・ファン・ドゥースブルフ
  • 作品名カラーデザイン・フォー・ザ・フロア・ウォールズ・スィーリング・オブ・アン・アカデミック・ビルディング・イン・アムステルダム
  • 英語名Color design for the floor, walls and ceiling of an academic building in Amsterdam
  • 分類絵画
  • 制作年1923年 - 1923年
  • 製作国オランダ
  • 所蔵建築研究所 (オランダ)
  • 種類鉛筆/水彩
  • 高さ?cm
  • 横幅?cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • カラーデザイン・フォー・ザ・フロア・ウォールズ・スィーリング・オブ・アン・アカデミック・ビルディング・イン・アムステルダムの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。