作品概要

少年》は、画家のフアン・グリスによって制作された作品。制作年は1921年から1921年で、個人に所蔵されている。

詳細な画像を見る

1920年の冬から1921年の夏半ばまで、グリスはフランスの地中海沿岸のバンドールに滞在し、そこでは線画をもとに一連のリトグラフを作った。

これらはグリスのディーラーであるダニエル・ヘンリー・カーンワイラーによって運営されていたパリのギャラリー・サイモンによる50冊の発行物に収められている。

作品のモデルについて

《少年》は地元の肉屋の11歳の息子の肖像画である。少年はバンド―ル滞在中のグリスの生徒だった。

1921年2月25日付のダニエル・ヘンリー・カーンワイラー宛の手紙の中で、グリスは彼が描いた少年の線画のことを伝えている:
「私は生徒の頭部を描いた。 おそらくその石版を作るだろう。」

その後の手紙で、グリスが3月19日にカーンワイラーに絵を送ったことが明らかになっている。

3月22日に彼はカーンワイラーに再び手紙を書き、「生徒が去ってしまったので、私はとても動揺している。 彼は非常に知的な子供であり、とても才能があり、すでに多くのことを理解し始めていた。」

時代背景

1920年代初め、フランスとイタリアでリアリズムが広範囲に渡り復活していた。

この時期の流行りのスタイルは、アメデー・オーゼンファント、チャールズ・エドゥアール・ジャンレレ、ジーノ・セヴェリーニ、パブロ・ピカソなど多くのアーティストの芸術における「秩序の復帰」への願望を反映している。

このスタイルの変化は、第一次世界大戦による中断と混乱の後で広範囲に広がった安定と伝統に対する欲求によるものと理解されている。

グリスのメソッド

1921年2月、グリスはフランスの雑誌L’Esprit nouveauに次のように声明を発表した。

「私の体系は理想主義的または自然主義的な芸術のあらゆる形態から大きく離れることがあるが、実際にはルーヴルから離れることができない。私の手法は昔しのマスターによって使われた、全ての時代に適用されるメソッドである。それらには技術的な意味があり、常に一定である。」

1921年のリトグラフに描かれた、純粋でエレガントな輪郭と、体系化された繰り返しのリズムの集合は、特にフランスの有名な新古典主義の画家ジーン・オーギュストドミニク・イングレスの影響を示唆している。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家フアン・グリス
  • 作品名少年
  • 英語名The Boy
  • 分類絵画
  • 制作年1921年 - 1921年
  • 製作国フランス
  • 所蔵個人
  • 種類リトグラフ
  • 高さ37cm
  • 横幅28cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 少年の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。