作品概要

聖家族の過ぎ越しの祝い》は、画家のダンテ・ガブリエル・ロセッティによって制作された作品。制作年は1854年から1855年で、テート・ギャラリーに所蔵されている。

詳細な画像を見る

《聖家族の過ぎ越しの祝い》は、イギリスの画家ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティにより、1854年から1855年にかけて制作された作品である。テート・ギャラリーに所蔵されている。

ラファエル前派の創設者

ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティは、1848年に、ウィリアム・ホルマン・ハントとジョン・エヴァレット・ミレイとともにラファエル前派を設立した画家である。ロセッティは、後にウィリアム・モリスとエドワード・バーン・ジョーンズのような、彼らの活動の影響を受けた第二世代の画家や作家の主なインスピレーションの源となった。彼の作品はまた、ヨーロッパの象徴学者に影響を与え、耽美主義の主な前兆ともなった。

イスラエル人の過ぎ越しの祝い

イスラエル人がエジプトを脱出する際、神はエジプト人の長子に死をもたらしたが、印のついたイスラエル人の家には何もせずに過ぎ越していった。過ぎ越しは、その過ぎ越しとエジプトを脱出したことを祝うイスラエル人(ユダヤ人)の行事である。過ぎ越しを祝うために、すべてのイスラエル人家庭は子羊を屠殺し、その血で戸口に印をつけた。ロースト・ラム、苦ヨモギ、無発酵のパンという過ぎ越しの食事は、早く出発するために靴を履き、急いで食べることになっていた。

描写

ロセッティは、イエスとその両親が儀式の準備をしている場面を描いている。これはユダヤ教とキリスト教の連続性を強調し、キリストの犠牲とユダヤ教の子羊の犠牲を結びつけている。

ロセッティはここで、洗礼者ヨハネの父であるザカリヤが、イエスが持つ鉢からの血で扉に印をつける場面を描いている。洗礼者ヨハネはイエスのサンダルを締めるためにひざまずいており、マリアは苦ヨモギを集めるために身をかがめている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ダンテ・ガブリエル・ロセッティ
  • 作品名聖家族の過ぎ越しの祝い
  • 英語名The Passover in the Holy Family
  • 分類絵画
  • 制作年1854年 - 1855年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵テート・ギャラリー (イギリス)
  • 種類水彩、紙
  • 高さ40.6cm
  • 横幅43.2cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 聖家族の過ぎ越しの祝いの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。