作品概要

化粧する若い婦人》は、画家のジョヴァンニ・ベリーニによって制作された作品。制作年は1506年から1515年で、美術史美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

ジョヴァンニ・ベッリーニは宗教的主題の画家として、排他的に自己を認識した。ベッリーニが神話のテーマを扱っている作品は僅かだが残っている。そしてマントヴァ侯妃であるイザベル・デステから依頼のあった作品を描くことを拒否した事は伝説的である。従って、彼が死去する1年前の1515年に一人の若い女性を描いたウィーンの肖像画《化粧する若い婦人》は例外である。

柔らかい雰囲気

肖像画の中の裸像は平行と垂直が存在する作品に、上手く統合されている。女性は美しい絨毯に包まれたベンチに腰を掛けており、彼女の後ろには鏡が掛かっていたビロード色の壁紙が配されている。

左にはヴェネツィアの景観が描写されており、作品に絵の深さを与えている。主要な画題と風景に同じ色が使われることで、ベッリーニはその二つの領域を繋ぎ、作品の基本的な雰囲気を柔らかく統一している。

二つの鏡

女性の右側には、若い女性が居て一方の手にヴァニタスの象徴である鏡を握っている。もう片方の手には、女神プディカの象徴を持つ。

ベッリーニは、二つの鏡という道具を使う事で、唯一この作品で見える可能性のある眺め、所謂、女性の頭を一つの視点から二つの異なる光景を鑑賞者に見せることを可能にさせた。又、こうする事でベッリーニは、鑑賞者と作品の物理的な距離は非常に短いが、鑑賞する人の視点によって女性の行動の主体性を高めた。

ベッリーニの署名の記された紙きれ

作品の右側には、ベッリーニの署名Johannes bellinus faciebat M.D.X.Vが記された小さな紙きれがある。ベッリーニの署名は、古代最大の画家として知られたアペレスによって定式化されていて、後にプリニウスによって手渡された。それをベッリーニは自分の署名として使用していた。

家にある絵画、高額で売りませんか?

ジョヴァンニ・ベリーニと思われる作品など、もし家に絵画や骨董品がある場合、こたろうで無料査定してみませんか?日本全国で出張買取可能、高額査定、現金支払いなど、メールや電話で気軽に査定することが出来ます。

骨董品・古美術品・絵画を無料査定
作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジョヴァンニ・ベリーニ
  • 作品名化粧する若い婦人
  • 英語名ジョヴァンニ・ベッリーニ
  • 分類絵画
  • 制作年1506年 - 1515年
  • 製作国イタリア
  • 所蔵美術史美術館 (オーストリア・ウィーン)
  • 種類油彩
  • 高さ629cm
  • 横幅783cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 化粧する若い婦人の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。