作品概要

ナザレのマリア》は、画家のダンテ・ガブリエル・ロセッティによって制作された作品。制作年は1857年から1857年で、テート・ギャラリーに所蔵されている。

詳細な画像を見る

《ナザレのマリア》は、イギリスの画家ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティにより1857年に制作された作品である。テート・ギャラリーに所蔵されている。

ラファエル前派の創設者

ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティは、1848年に、ウィリアム・ホルマン・ハントとジョン・エヴァレット・ミレイとともにラファエル前派を設立した画家である。ロセッティは、後にウィリアム・モリスとエドワード・バーン・ジョーンズのような、彼らの活動の影響を受けた第二世代の画家や作家の主なインスピレーションの源となった。彼の作品はまた、ヨーロッパの象徴学者に影響を与え、耽美主義の主な前兆ともなった。

三連祭壇画の一パネル

美術史家バージニア・サーティースは、ロセッティのこの水彩画は、おそらくもともとは三連祭壇画の左パネルとしてみなされていたと指摘している。小川のそばに立つマリアは、ユリとバラを植えている。

画家の弟、ウィリアム・マイケル・ロセッティの1849年7月28日の日記によれば、この作品の構想は1849年7月にさかのぼる。この三連祭壇画は、中央パネルに《聖母マリアの少女時代》、左のパネルにこの作品、右パネルに《聖ヨハネの家のマリア》が配置されたと考えられる。聖母マリアのモデルはエリザベス・シダルだった。

この作品は、1857年5月にラファエル前派展にて展示された。これには72の作品が含まれていた。 ロセッティは作品を寄せた22人の画家の1人であった。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ダンテ・ガブリエル・ロセッティ
  • 作品名ナザレのマリア
  • 英語名Mary Nazarene
  • 分類絵画
  • 制作年1857年 - 1857年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵テート・ギャラリー (イギリス)
  • 種類水彩、紙
  • 高さ34.3cm
  • 横幅19.7cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ナザレのマリアの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。