作品概要

ヴェヌス・ヴェルティコルディア》は、画家のダンテ・ガブリエル・ロセッティによって制作された作品。制作年は1863年から1868年で、ラッセル・コーツ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《ヴェヌス・ヴェルティコルディア》は、イギリスの画家ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティにより1860年に制作された作品である。ラッセル・コーツ美術館に所蔵されている。

ラファエル前派の創設者

ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティは、1848年に、ウィリアム・ホルマン・ハントとジョン・エヴァレット・ミレイとともにラファエル前派を設立した画家である。ロセッティは、後にウィリアム・モリスとエドワード・バーン・ジョーンズのような、彼らの活動の影響を受けた第二世代の画家や作家の主なインスピレーションの源となった。彼の作品はまた、ヨーロッパの象徴学者に影響を与え、耽美主義の主な前兆ともなった。

画家唯一の裸体画

画題は「心変わりを誘うヴィーナス」という意味であり、女性の心を美徳に向かわせるという、愛と美の女神ヴィーナスの役割を示すラテン文学から派生したものである。しかし、ロセッティはそれを反対の意味で解釈し、男性の心を貞節から切り離すという意味で用いた。これは彼のソネットの中ではっきりと示されている。

バラ、ハニーサックル、リンゴ、裸体はすべて、愛とセクシュアリティの主題に貢献している。これは、ロセッティ作品の中でほとんど唯一の裸体画の例である。しかし1860年代後半には、多くのイギリス人画家が裸体画の制作を始めた。ロセッティの絵は、1863年という早い時期にデザインされた。素晴らしいビクトリア朝時代の裸体画復興の、最初の作品といえる。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ダンテ・ガブリエル・ロセッティ
  • 作品名ヴェヌス・ヴェルティコルディア
  • 制作年1863年-1868年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵ラッセル・コーツ美術館 (イギリス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ83.8cm
  • 横幅71.2cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ヴェヌス・ヴェルティコルディアの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。