作品概要

アーサー王の墓》は、画家のダンテ・ガブリエル・ロセッティによって制作された作品。制作年は1860年から1860年で、テート・ギャラリーに所蔵されている。

詳細な画像を見る

《アーサー王の墓》は、イギリスの画家ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティにより1860年に制作された作品である。テート・ギャラリーに所蔵されている。

ラファエル前派の創設者

ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティは、1848年に、ウィリアム・ホルマン・ハントとジョン・エヴァレット・ミレイとともにラファエル前派を設立した画家である。ロセッティは、後にウィリアム・モリスとエドワード・バーン・ジョーンズのような、彼らの活動の影響を受けた第二世代の画家や作家の主なインスピレーションの源となった。彼の作品はまた、ヨーロッパの象徴学者に影響を与え、耽美主義の主な前兆ともなった。

ロセッティの芸術は、その官能性と中世の復興主義が特徴である。彼は画家であると同時に詩人でもあり、初期の詩はジョン・キーツの影響を受けている。

禁断の愛と言う主題

この作品は、これより5年前に作られたロセッティが最初に取り組んだアーサー王主題作品の複製である。これは、トマス・マロリーの「アーサー王の死」第21章の場面を示している。グィネヴィア王妃の恋人であるランスロットは、姦通が知られた後に修道女になった彼女のもとを訪ねる。ランスロットはグィネヴィアにキスを請うが、グィネヴィアはそれを即刻拒否した。そうして二人は別れた。

ロセッティはアーサー王の墓の上を舞台にし、禁断の愛という主題に執着することを強調し、ドラマ性を高めている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ダンテ・ガブリエル・ロセッティ
  • 作品名アーサー王の墓
  • 英語名Arthur’s Tomb
  • 分類絵画
  • 制作年1860年 - 1860年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵テート・ギャラリー (イギリス)
  • 種類水彩、紙
  • 高さ23.5cm
  • 横幅36.8cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • アーサー王の墓の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。