作品概要

聖カタリナ》は、画家のダンテ・ガブリエル・ロセッティによって制作された作品。制作年は1857年から1857年で、テート・ギャラリーに所蔵されている。

詳細な画像を見る

《聖カタリナ》は、イギリスの画家ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティにより1857年に制作された作品である。テート・ギャラリーに所蔵されている。

ラファエル前派の創設者

ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティは、1848年に、ウィリアム・ホルマン・ハントとジョン・エヴァレット・ミレイとともにラファエル前派を設立した画家である。ロセッティは、後にウィリアム・モリスとエドワード・バーン・ジョーンズのような、彼らの活動の影響を受けた第二世代の画家や作家の主なインスピレーションの源となった。彼の作品はまた、ヨーロッパの象徴学者に影響を与え、耽美主義の主な前兆ともなった。

ロセッティの芸術は、その官能性と中世の復興主義が特徴である。彼は画家であると同時に詩人でもあり、初期の詩はジョン・キーツの影響を受けている。

当時のロセッティには珍しい油彩画

この作品は、中世の画家がアトリエで聖カタリナとしてポーズをとるモデルを描く場面を示している。 彼女は殉教を象徴する棕櫚の葉と、拷問の道具である車輪を持っている。これらは聖カタリナを描く際の典型的なアトリビュートである。

画面の鮮やかな色と狭苦しい空間は、中世の写本やステンドグラスの窓を思い起こさせるものになっている。1850年代、ロセッティは個人の収集家に個人的に販売する水彩画の製作に専念していた。この作品は、当時ロセッティが完成させた唯一の油彩画である。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ダンテ・ガブリエル・ロセッティ
  • 作品名聖カタリナ
  • 英語名St Catherine
  • 分類絵画
  • 制作年1857年 - 1857年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵テート・ギャラリー (イギリス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ34.5cm
  • 横幅25cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 聖カタリナの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。