作品概要

黄色の女性》は、画家のダンテ・ガブリエル・ロセッティによって制作された作品。制作年は1863年から1863年で、テート・ギャラリーに所蔵されている。

詳細な画像を見る

《黄色の女性》は、イギリスの画家ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティにより1863年に制作された作品である。テート・ギャラリーに所蔵されている。

ラファエル前派の創設者

ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティは、1848年に、ウィリアム・ホルマン・ハントとジョン・エヴァレット・ミレイとともにラファエル前派を設立した画家である。ロセッティは、後にウィリアム・モリスとエドワード・バーン・ジョーンズのような、彼らの活動の影響を受けた第二世代の画家や作家の主なインスピレーションの源となった。彼の作品はまた、ヨーロッパの象徴学者に影響を与え、耽美主義の主な前兆ともなった。

ロセッティの芸術は、その官能性と中世の復興主義が特徴である。彼は画家であると同時に詩人でもあり、初期の詩はジョン・キーツの影響を受けている。

ルネサンス期の肖像画の方法

ウィリアム・ホルマン・ハントに見いだされ、ラファエル前派の画家のモデルを務めたアニー・ミラーのこの親密な水彩画は、本作の十年前に描かれたハントの作品《良心の目覚め》における彼女の描かれ方とは異なっている。本作は物語に欠けており、どちらかといえば詩や音楽に近いものとなっている。

ミラーは、彼女の体の美しさと色の美しさを強調するために、ルネサンス期の肖像画のように全体を黄色で塗られている。後に作られた油彩のバージョン《トロイのヘレン》は、魅惑的でもっとも有名な女性にちなんで命名された。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ダンテ・ガブリエル・ロセッティ
  • 作品名黄色の女性
  • 英語名Woman in Yellow
  • 分類絵画
  • 制作年1863年 - 1863年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵テート・ギャラリー (イギリス)
  • 種類水彩、紙
  • 高さ40.6cm
  • 横幅30.5cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 黄色の女性の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。