作品概要

ラ・ベッラ・マーノ》は、画家のダンテ・ガブリエル・ロセッティによって制作された作品。制作年は1875年から1875年で、デラウェア美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

ラファエル前派の創設者

ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティは、1848年に、ウィリアム・ホルマン・ハントとジョン・エヴァレット・ミレイとともにラファエル前派を設立した画家である。ロセッティは、後にウィリアム・モリスとエドワード・バーン・ジョーンズのような、彼らの活動の影響を受けた第二世代の画家や作家の主なインスピレーションの源となった。彼の作品はまた、ヨーロッパの象徴学者に影響を与え、耽美主義の主な前兆ともなった。

ソネットを生んだ作品

ロセッティは本作が完成した翌年に「ラ・ベッラ・マーノ」というソネットを完成させている。これは、本作における視覚的表現が詩のインスピレーションであった可能性を示唆している。フレームに刻まれた詩の二節は、ロセッティが早い時期から流暢であったイタリア語で書かれている。

愛の主題

ロセッティの多くの後期作品のように、描かれた場面は物語に欠けている。その代わりに、本作は翼のある従者とともにいる愛の女神ヴィーナスを描いている。画面は、天上と地上両方の愛の主題に貢献する、さまざまな細部で満たされている。こうした豊富な象徴が、ヴィーナスの誕生を思い起こさせるホタテの貝殻を含む、愛という主題を強化している。恋人を誘惑するベッドを映す凸面鏡によって、ヴィーナスの光輪が作り出されている。

ヴィーナスのモデルは、アレクサ・ワイルディングである。トレイを持っている天使は、ウィリアム・モリスの次女、メイ・モリスである可能性がある。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ダンテ・ガブリエル・ロセッティ
  • 作品名ラ・ベッラ・マーノ
  • 英語名La Bella Mano
  • 分類絵画
  • 制作年1875年 - 1875年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵デラウェア美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ157.4cm
  • 横幅116.8cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ラ・ベッラ・マーノの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。