作品概要

ハンプトン・コートの橋の下》は、画家のアルフレッド・シスレーによって制作された作品。制作年は1874年から1874年で、ヴィンタートゥール美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

1870年代半ばは、アルフレッド・シスレーの創作が最も成功している時期である。この時期、印象派の革新の道は間違っていないと彼は楽観していた。そのため、彼は常にためらわずに熱中して作品を創作していたのである。

この時期のシスレーの作品には明るい色彩や絶えず変化する照明効果が施されている。最大の特徴は、彼の作品には実線と仰角があることである。この期間、ピサロのスタイルがシスレーととてもよく似ていたが、ピサロの方がよりシンプルで荒く、その部分はミレーとよく似ていた。

成熟した独特の美術技法

シスレーは1874年にイギリスにて有名な《ハンプトン・コートの橋の下》を描いた。本作品は、シスレーの独特な美術技法が成熟したことを示している。空、木々、そして水はとても自由に描かれており、完成の域に達している。

色鮮やかな筆遣いによる薄いコーティング、テクニックの連続および強く豊かな色により、シスレーは独特の芸術的描写を形作っている。空は広範に描かれている。作品の場面は活発な動きを見せる川、生き生きした木々、浮雲、揺れる葉、そしてきらめく水で形成されており、まるで楽しいダンスのようである。

シスレーが気を配った点

シスレーが作品に生命力を与えるために、風景画の「構造、色、描写の効果」に気を配っていたことを、本作品は示している。創作におけるシスレーの叙情的な特徴は、もはや繊細で優雅なものではなく、新鮮で澄んだ柔らかな輝きと自由なエネルギーを感じることができる。

印象派の画家たちは、雪を描くことに熱心で、白とグレーの強い色の調和の達成に努めた。シスレーの描く雪の場面は素晴らしかった。シスレーは白とグレーによって調和された色を描くことに長けていただけでなく、色のコントラストにより喜びと楽観主義を容易に作り出していた。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アルフレッド・シスレー
  • 作品名ハンプトン・コートの橋の下
  • 英語名Under the bridge at Hampton Court
  • 分類絵画
  • 制作年1874年 - 1874年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ヴィンタートゥール美術館 (スイス)
  • 種類油絵
  • 高さ50cm
  • 横幅76cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ハンプトン・コートの橋の下の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。