作品概要

フィアメッタの幻》は、画家のダンテ・ガブリエル・ロセッティによって制作された作品。制作年は1878年から1878年で、個人に所蔵されている。

詳細な画像を見る

ロセッティの著書と対になる作品

《フィアメッタの幻》は、ラファエル前派の画家ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティによって1878年に制作された油彩画である。この絵は、彼の著作「バラッドとソネット」(1881年)に伴う絵画である。絵画の主題は、中世イタリアの詩人ボッカチオのミューズであり恋人のフィアメッタであり、マリア・スパルタリ・スティルマンをモデルに描かれている。

この作品は現在、「オペラ座の怪人」などで知られる作曲家アンドルー・ロイド・ウェバーの個人コレクションに所蔵されている。ウェバーはビクトリア朝時代の美術作品の収集家としても知られている。

フレームの詩

絵画のフレームには、本作のインスピレーションの源となったボッカチオのソネット「彼が最後に見たフィアメッタ」が記されている。「見よ、ここに幻で示されたフィアメッタを」の一文で始まるそれは、死と魂について書かれている。

死と儚い美、魂の象徴

フィアメッタは、彼女の名前を暗示する炎の色のドレスを着ている。彼女の姿は、生と死の間の一瞬の幻である暗い背景の前で輝いている。短命のリンゴの花は、美の儚さを意味している。

フィアメッタはリンゴの木の枝に絡み合い、こぼれ落ちる赤や白の花に示されるような、旅立つ魂の象徴に囲まれている。血のように赤い鳥は死のメッセンジャー、蝶は魂の象徴である。彼女の頭の周りには、天使の入った光輪が描かれている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ダンテ・ガブリエル・ロセッティ
  • 作品名フィアメッタの幻
  • 制作年1878年-1878年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵個人
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ140cm
  • 横幅91cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • フィアメッタの幻の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。