作品概要

ボウルに盛った果物》は、画家のフアン・グリスによって制作された作品。制作年は1924年から1924年で、プライベートに所蔵されている。

詳細な画像を見る

1924年までに、グリスは一般とアバンギャルドの両方で名声を得て、商業的にもかなりの成功を収めた。彼の評判は、パリのソルボンヌ大学の学生に行った「絵画の可能性について」という講義の成功によってその年にさらに強化さた。これは後に書籍化され、英語、スペイン語、ドイツ語に翻訳された。

絵の作風

グリスは絵を「一種の平面な色彩の建築物」と表現しており、1924年に創作された小さなガッシュ(パイプとドミノ、ボウルに盛った果物など)の構造にその概念は繁栄されている。

これらの作品で使用されている色は、ほとんどが暖かい茶色、緑色、灰色であり、家庭用品が少なく、果物、楽器、ゲームのある卓上のシーンを表している。

美術の歴史家であるクリストファー・グリーン氏は、この時期のグリスの静物画は、文字もオブジェクトであり、登場する物は少数に限定され、さらに容易に認識できるものにする、という伝統によって確立された方法で、とても効果的に絵画のドラマを動かないテーブルに凍結させているとコメントしている。

作品の特徴

この作品は当時の特定の油彩画に関連しているようには見受けられないが、作品のサイズとメディアの謙虚さは、正式なアイデアの予備的な探求として行われたことを示唆している。

《ボウルに盛った果物》は、視覚的な反射や韻が豊富にある。
カラフのボディーは、中央のリンゴと右側のグラスの円形の縁の両方に反映している。フルーツボウル自体の幾何学的なエッジは、テーブルクロスの折り目に響き渡っているように見える。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家フアン・グリス
  • 作品名ボウルに盛った果物
  • 制作年1924年-1924年
  • 製作国フランス?
  • 所蔵プライベート
  • 種類ガッシュ
  • 高さ18.3cm
  • 横幅22.9cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ボウルに盛った果物の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。