作品概要

》は、画家のダンテ・ガブリエル・ロセッティによって制作された作品。制作年は1871年から1871年で、デラウェア美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《柳》は、イギリスの画家ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティにより1871年に制作された油彩画である。デラウェア美術館に所蔵されている。

愛人ジェーンと過ごした夏

1871年5月、ウィリアム・モリスは、ロンドンからの避暑地として、オックスフォードシャーのケルムスコット近く、テムズ川沿いにある17世紀のマナーハウスを借りた。ロセッティはモリスと共に借家権を得たが、長く不倫関係を続けていたロセッティとモリスの妻ジェーンにとって、家はすぐに二人の隠れ家となった。2人はモリスがアイスランドに旅行した1871年に、モリスの子どもたちとともに牧歌的な夏をそこで過ごした。

描き直されたもの

ロセッティはケルムスコットで色付きチョークを使ったバージョンの本作を制作した後、「自分が持っている美しい古いフレームに合うように」小さな油彩画を描いた。チョークの習作では、ジェーンは悲しみと憧れの象徴である柳ではなく、愛と追憶の象徴であるパンジーを持っている。

手放したことを後悔させた作品

ロセッティは1877年、財政難に直面して、マンチェスター・コットンの紡績工であったウィリアム・アルフレッド・ターナーに本作を売却した。ウィリアムは同時期に《プロセルピナ》も購入している。ロセッティはジェーン・モリスに本作を売却したことについて、「ケルムスコットの絵を手放したことは本当に残念だ、代わりになるものはないと感じている」と謝罪した。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ダンテ・ガブリエル・ロセッティ
  • 作品名
  • 英語名Water Willow
  • 分類絵画
  • 制作年1871年 - 1871年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵デラウェア美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ33cm
  • 横幅26.7cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 柳の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。