作品概要

聖ゲオルギウスとサブラ姫》は、画家のダンテ・ガブリエル・ロセッティによって制作された作品。制作年は1862年から1862年で、テート・ギャラリーに所蔵されている。

詳細な画像を見る

《聖ゲオルギウスとサブラ姫》は、イギリスの画家ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティにより1862年に制作された水彩画である。

ラファエル前派の創設者

ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティは、1848年に、ウィリアム・ホルマン・ハントとジョン・エヴァレット・ミレイとともにラファエル前派を設立した画家である。ロセッティは、後にウィリアム・モリスとエドワード・バーン・ジョーンズのような、彼らの活動の影響を受けた第二世代の画家や作家の主なインスピレーションの源となった。彼の作品はまた、ヨーロッパの象徴学者に影響を与え、耽美主義の主な前兆ともなった。

ロセッティの芸術は、その官能性と中世の復興主義が特徴である。彼は画家であると同時に詩人でもあり、初期の詩はジョン・キーツの影響を受けている。ロセッティの作品には、詩と絵画が密接に結びついているものが多くある。

聖ゲオルギウス伝説

これはロセッティの数ある水彩画の一つで、聖ゲオルギウスの伝説を描いている。ドラゴンを退治した後の聖ゲオルギウスが、兜で手の血を洗っている。群衆が竜の頭を勝利の中運ぶ場面を、窓の外に眺めている。騒がしい場面の中、彼女は血まみれの手にキスしている。主題の典型としてロセッティは、群衆の祝いの場面を、聖ゲオルギウスと彼に救われたサブラ姫との交流の場面の付随物として描いている。

ロセッティが1860年に結婚したエリザベス・シダルは、アヘンの多量摂取で死亡するわずか数日前に、サブラ姫のモデルを務めている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ダンテ・ガブリエル・ロセッティ
  • 作品名聖ゲオルギウスとサブラ姫
  • 英語名St George and Princess Sabra
  • 分類絵画
  • 制作年1862年 - 1862年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵テート・ギャラリー (イギリス)
  • 種類水彩、紙
  • 高さ52.4cm
  • 横幅30.8cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 聖ゲオルギウスとサブラ姫の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。