作品概要

レディ・リリス》は、画家のダンテ・ガブリエル・ロセッティによって制作された作品。制作年は1866年から1873年で、デラウェア美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

アダムの最初の妻

《レディ・リリス》は、ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティによる油彩画である。1866年から1868年にかけてまず女優ファニー・コーンフォースをモデルに描かれ、その後1872年から1873年にかけてモデルをアレクサ・ワイルディングに変更して描かれた。

主題は古代ユダヤ神話のアダムの最初の妻リリスである。彼女は男の誘惑や子殺しと関連づけられている。彼女は「強力で邪悪な誘惑者」として、そして「長く流れる髪を持つ象徴的なアマゾネスのような女性」として描かれている。

自己愛の手鏡

この絵はリリスに焦点を当てているが、神話的な姿ではなく、「現代的なリリス」を意図している。彼女は手鏡で自分の美しさを見つめている。この絵は、ロセッティによるそのような「鏡の絵」の連作の一つである。他の画家たちもまもなく自己愛の女性像を描いた独自の鏡の絵を描くようになったが、この作品はその典型と考えられていた。

数々の象徴

一般に認識されている絵画の特徴は、明白な花の象徴主義と、部屋の蝋燭と外の庭の場面の両方を写す奇妙な鏡によって示されている、非現実的的な空間である。

白いバラは冷たく官能的な愛情を示している。これは、イヴとの出会いでバラが最初に「赤面した」、または赤くなったという伝統を反映しているのかもしれない。右下隅のポピーは、睡眠と忘却を示し、リリスの弱々しい性質を反映している。鏡の近くのジギタリスは、不誠実を表している可能性がある。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ダンテ・ガブリエル・ロセッティ
  • 作品名レディ・リリス
  • 英語名Lady Lilith
  • 分類絵画
  • 制作年1866年 - 1873年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵デラウェア美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ96.5cm
  • 横幅85.1cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • レディ・リリスの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。