作品概要

見つかって》は、画家のダンテ・ガブリエル・ロセッティによって制作された作品。制作年は1854年から?で、デラウェア美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

1850年代のロセッティ作品、中世・初期ルネッサンスの復興を特徴とする小さな水彩画などとは異なり、《見つかって》はロセッティが売春という現代を主題にした唯一の作品であり、未完成である。

子牛と女性の状況

農夫が、売春婦に身を落とした過去の恋人を見つける場面が描かれている。二人の背景には荷車に乗せられた子牛が描かれている。

子牛は重要な役割を担っている。なぜ農夫が町に来たのかを説明している。さらにもっと重要なことには、「無実の動物が捕まえられて売られる」という状況は女性と同じであり、女性の心の状態について疑問を投げかけている。「売春婦は救済を拒否しているのか、それともそれを受け入れているのだろうか。あるいは彼女は悔い改めているのだろうか。しかし子牛のように運命を逃れることはできないのだろうか」、という疑問である。

画家の手紙

1855年、ロセッティはウィリアム・ホルマン・ハントへの手紙の中で、この作品について説明している。

「私はまさしく一枚の絵画を描き始めたと言える。それはとても小さなものだ。/その絵は、夜明けのロンドンの通りを描いたもので、ランプはまだ遠くの背景にある橋に沿って点灯している。家畜商人は道の真ん中に荷車を置いたままであり、その中にいる子牛は市場に出されることを意味している。道を歩いている彼のそばを、女性が通り過ぎる。彼は、自分に気づいた彼女のことを思い出し、彼女は恥ずかしさに壁のそばで崩れ落ちる。彼は彼女の手を取り、つかんでいる。これらは、《見つかって》と呼ばれる絵に描かれた主なものであり、私の妹マリアは、それをエレミア書の最も美しい格言だと見なしている。白い子牛は、まだ描くには程遠いが、美しく、描写の中でも示唆的なものになるだろう。」

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ダンテ・ガブリエル・ロセッティ
  • 作品名見つかって
  • 制作年1854年-不明
  • 製作国イギリス
  • 所蔵デラウェア美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ91.4cm
  • 横幅80cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 見つかっての感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。