作品概要

都市の成長》は、画家のウンベルト・ボッチョーニによって制作された作品。制作年は1910年から1910年で、ニューヨーク近代美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《都市の成長》はウンベルト・ボッチョーニによって1910年に制作された油彩画で、現在ニューヨーク近代美術館に所蔵されている。

未来派

1882年にイタリアに生まれたボッチョーニは、ローマの美術アカデミーで勉強した後パリに移住し、印象派などの作風を学んだ。ミラノに移住した後、1909年に仲間の芸術家たちと「未来派宣言」を発表した。彼らは近代社会の所産である機械文明を芸術に取り入れ、伝統的な芸術を否定した。そして、機械によるものの動きや、連続写真から着想を得て絵画や彫刻を制作したのである。

作品

この作品は「未来派宣言」が発表された翌年の1910年に着手された。制作の様子は画家の友人ニーノ・バルバンティーニに宛てた手紙によって知ることができる。完成した絵は、1911年にミラノで最初に展示され、多くの批評家の注目を集めた。次いで1012年からは未来派の大展覧会がヨーロッパ各地を巡回し、この作品も展示された。ロンドンで展示された際に、イタリア出身でベルリンで活躍していたピアニストであるブゾーニによって買い取られたが、その後も展覧会には展示された。

画面前景で大きな動きを見せる赤毛の馬は未来派の理念をよく示している。馬の首元につけられた青い襟飾りは、まるでプロペラのように周囲の空気を切り裂いている。ここに描かれているのは動物の巨大な力であり、同時に人工的な産業都市の熱狂的に加速していく発展をも表している。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ウンベルト・ボッチョーニ
  • 作品名都市の成長
  • 英語名The City Rises
  • 分類絵画
  • 制作年1910年 - 1910年
  • 製作国イタリア
  • 所蔵ニューヨーク近代美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩画
  • 高さ199.3cm
  • 横幅301cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 都市の成長の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。