作品概要

デイ・ドリーム》は、画家のダンテ・ガブリエル・ロセッティによって制作された作品。制作年は1880年から1880年で、ヴィクトリア&アルバート博物館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《デイ・ドリーム》、あるいは当初《モンナ・プリマヴェーラ》と名づけられていたこの作品は、ラファエル前派の創設者ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティによる油彩画である。

モデルについて

1880年に制作されたこの作品は、スズカケノキに座ったジェーン・モリスを描いている。彼女の手のひらの小さなスイカズラは、ビクトリア朝時代の愛の象徴であり、それは当時の画家と彼女の秘密の恋愛関係のしるしであるかもしれない。

彼の晩年期の絵画の1つである本作は、この時期のロセッティの作品では珍しいことに、モデルは全身を描かれている。

緑に覆われた女性

この場面では、スズカケノキの葉のアラベスク模様で覆われた、緑色のシルクドレスを着た若い女性を描いている。彼女の頭の上や周りでは、木の枝が彼女を抱きしめているように描かれており、まるで彼女が木そのものから現れたドライアド(木のニンフ)のように描かれている。緑色のドレスはロマンチックでゆったりとしたシルクドレスで、優雅なひだが流れ、木の葉と調和している。

秘密の待ち合わせ

彼女は白昼夢に没頭し、目に見えない、あるいは彼女にしか見えていないものに向かって、視線を下方に向けている。枝に囲まれたシェルターにいる若いエレガントな女性の描写は、おそらく情事や秘密の待ち合わせ場所を示している。シェルターは暗いが、彼女の肩の周りには、暗い緑色の背景に対して明るい青のエリアがあり、場面が昼間であることを示している。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ダンテ・ガブリエル・ロセッティ
  • 作品名デイ・ドリーム
  • 英語名The Day Dream
  • 分類絵画
  • 制作年1880年 - 1880年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵ヴィクトリア&アルバート博物館 (イギリス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ158.7cm
  • 横幅92.7cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • デイ・ドリームの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。