作品概要

ボッカ・バチアータ》は、画家のダンテ・ガブリエル・ロセッティによって制作された作品。制作年は1859年から1859年で、ボストン美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《ボッカ・バチアータ》は、ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティのキャリアの転換期を迎えた際に描かれた作品である。、後に彼の作品の象徴となるスタイルを確立した、一人の女性を描いた最初の作品である。モデルは、ロセッティの描く官能的な女性のインスピレーションであるファニー・コーンフォースである。

デカメロンのことわざ

「キスされた口」という意味のタイトルは、絵の後ろに書かれたイタリア語のことわざから取られた、主題の性的体験を指している。

「キスされた口は、その味わいを失わない。月がそうであるように、それ自体繰り返しよみがえる」

初期のイタリア文学の熟練した翻訳者でもあったロセッティは、おそらくボッカチオのデカメロンに出てくるこのことわざを知っていた。このことわざは、美しいサラセンの王女アラチエルの物語のクライマックスに使用されたものである。アラチエルは、4年の間に8人の恋人と約1万回の性交をしたにもかかわらず、処女の花嫁としてアルガルヴの王のもとに嫁ぐことに成功している。

完全な肉体

ロセッティは、ウィリアム・ベル・スコットへの手紙の中で、より完全な肉体を描こうとしていたことを説明している。「古き良き画家たちの間でさえも、よりシンプルな絵画はほとんどいつもその色や出来栄えにおいて傑作となっている。もしこれを見続けたなら、絵画を学ぶよりよいチャンスになるだろう」

この絵は、2年前に完成したミレイの義理の妹ソフィー・グレイの肖像画の影響を受けている可能性がある。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ダンテ・ガブリエル・ロセッティ
  • 作品名ボッカ・バチアータ
  • 英語名Bocca Baciata
  • 分類絵画
  • 制作年1859年 - 1859年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵ボストン美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩、板
  • 高さ32.1cm
  • 横幅27cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ボッカ・バチアータの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。