作品概要

選択的親和力》は、画家のルネ・マグリットによって描かれた作品。制作年は1933年から1933年で、個人蔵に所蔵されている。

詳細な画像を見る

「選択的親和力」というタイトルは、ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテの本からつけられた。

マグリットは、本作品について以下のように語っている。

 「ある夜、私は鳥かごが置かれている部屋で目覚めた。偉大な見間違いで、私は目の前から消えた鳥の代わりに鳥かごに卵を見た。このとき、新しい驚くべき詩のヒントを私は得たのだ。以前は二つの相反する事物を一緒にすることで衝撃が呼び起こされていたのに対して、このとき私が感じた衝撃は二つの親しい事物、つまり鳥かごと卵の親和力から呼び起こされたからだ」

衝撃を受けたマグリットによって生み出された作品は、鳥かごと卵の親和性が主題となり、対象を実際よりもはるかに大きく描く、大きさのデペイズマンの作品となっている。彼の作品では異常な大きさのデペイズマンがよく使われているが、それは彼自身が閉所恐怖症であり、その不安感情を象徴的に表しているからだと言われている。

マグリットは、「大家族」という作品でもまた、大空と鳥に親和力を感じ、モチーフとして使用している。

基本情報・編集情報

  • 画家ルネ・マグリット
  • 作品名選択的親和力
  • 制作年1933年-1933年
  • 製作国不明
  • 所蔵個人蔵
  • 種類油彩
  • 高さ33cm
  • 横幅41cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 選択的親和力の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。